I Love FX

「金利」の観点から比較

外貨取引とFX、どちらも「投資」でひとくくりで良いの?

FXと外貨預金の金利面について比較します。

まず、外貨預金は簡単です。単純にその国の金利分が金利収入として手に入るわけです。
これは、日本でも同じです。ただし、日本ではかなり低い低金利になっていますが、海外では現在でもそれなりの金利収入が入ることになります。

そして、FXについては金利の収入はスワップという形で手に入ることになります。
これは、その二国間の金利差の差分のお金が手に入ることになります。例えば、米ドル/円のロングを持っていますと基本的には米ドルのほうが金利が高いことになりますので、その差額分をスワップポイントとしてもらうことができます。
逆にショートをしているときはこのスワップポイントを支払う必要が出てくることになります。

特に現在は日本の金利が実質0かまたはマイナスということもあるぐらいですので、基本的には外貨預金の金利とFXのスワップポイントで手に入るお金に関してはほぼ同等といえるでしょう。
ただし、日本の金利上昇に伴ってこれが同等とはいえなくなってきます。

ただ、現時点でその心配はあまりないので外貨預金の金利とスワップポイントはほぼ同じと考えることができます。

FXと外貨預金の取引の仕組み

FXと外貨預金の大きな違いは、まず手数料がFXのほうが圧倒的に低いことが上げられます。

10分の1以下の場合がほとんどになります。また、FXに関してはレバレッジをかけることが可能になっています。
その分リスクも大きいですがリターンも大きくなることになります。

そして、FXには様々な通貨と取引を行うことが可能です。米ドルはもちろん世界の多くの通貨と取引が可能になるのもメリットの一つでしょう。

さらに、外貨預金などでは米ドルを買うことしかできませんが、FXでは逆に最初から売ることもできます。
つまり、円高局面でも利益を上げることができるわけです。その分リスクも高まりますが、FXの大きな特徴の一つといえるでしょう。

基本的に為替取引でFXより上のものは存在はしていません。レバレッジを1倍にすればリスクもありませんので、その点でもFXのほうが優れているといえるでしょう。
逆に外貨預金の特徴ですが、大きな銀行で投資を行うことができるのがメリットでしょう。

FXのように敷居が高いということがないといえます。
投資そのものに不安がある人はFXより外貨預金のほうがおすすめといえます。