I Love FX

FXと外貨預金のそれぞれのリスク

FXと外貨預金、その投資の仕組み

外貨を使った投資であるFXと外貨預金の双方に存在するリスクに為替相場の下落があります。

相場の変動が大きくなれば損失も膨れ上がり、利息を上回れば元本割れを起こすので注意しなければなりません。

個別のリスクとして、FXでは取引用の資金よりも大きな金額を扱えるレバレッジと呼ばれる仕組みがあり、国内の業者を使って個人で取引を行う場合は最大で25倍になります。
大きな利益を得られる可能性がありますが、損失も膨らむリスクがあります。

特に相場の変動が大きな通貨で高いレバレッジの取引をすると大きな損失を出すリスクが非常に高くなるので避けた方が良いでしょう。

外貨預金は高い手数料と自由の利かない解約がリスクになります。銀行口座に外貨で預金を行うもので、金利としては円の預金よりも高くなるので利益が出そうに見えます。
しかし、銀行の取り分として差し引かれているため適用される金利はその通貨の元々の金利よりも低くなり、さらに手数料も引かれてしまうので利益が少なくなります。

相場が暴落しても自由に解約できないので大きな損失に繋がることがあり、逆に相場が上がったときに解約して利益を確定させようとすることもできず、利益を得る機会を逃す可能性があります。

FXと外貨預金の取引のポイント

FXと外貨預金を利用することを考えた場合、仕組みとしてはFXの方が利益を出しやすくなります。

FXでレバレッジを1倍にして通貨の長期保有を行う場合、実質的に外貨預金と同じことになります。このときにFXの手数料であるスプレッドの低さ、金利であるスワップの高さ、好きなときに決済して損切りや利益確定ができる自由さが大きなメリットになります。
また、いつでも決済できるので取引方法が長期保有に限らないことも外貨預金ではできないFXの特徴であり、1日の間に売買を行うデイトレードや、これをさらに短くして数秒から数分の間に売買を繰り返すスキャルピングなどの手法があります。
取引方法によって必要な知識や取引にかかる時間が異なるので、自分に適した方法で行いましょう。

FXでは各社で仮想通貨で取引できるデモトレードを利用できるので、事前にやり方を掴むこともできます。
なお、スプレッドやスワップは各社で異なり、デイトレード向けや長期保有向けの業者があるので、取引方法によって使い分けます。

FXはリスクが高い、ギャンブル性があるという認識がありますが、これはレバレッジを高くして無謀な取引を行うことで損失が出ているもので、初心者は低くすることでリスクを抑えた投資ができます。