I Love FX

FXと外貨預金にかかる税金

投資の利益は雑所得の扱い

FXや外貨預金を行っている場合、これで利益については所得税がかかることになります。

一般的に所得税と言うと働いて得たお金に対して一定の税率で課税されると言う認識が強いものですが、 FXの場合には働いて得たお金とは異なる税率が設定されている事についてあまり知っている人は少ないものです。

実際にはこの場合、雑所得と呼ばれる給料以外の収入として扱われることになり、その税率も比較的高く設定されているのが大きな特徴となっています。

雑所得とは一時的に給料以外に入るお金のことで、例えば住宅を売却して得た利益や、その他臨時報酬等に対しても雑所得として扱われるため、サラリーマンの場合通常の給料から天引きされている所得税のほかに自ら申告し支払う必要が発生するものとなっています。

FXや外貨預金においては、通常の給与とは異なり、一時的に入る収入であることや、その金額が変動すると言うこともあるため通常の給与とは別に課税されるものとなっています。

一般的にサラリーマンの場合には会社側の方で給与を元に申告を行っていますが、このような臨時収入の場合には個別に税額が計算されるため、自ら確定申告を行い支払うことが必要になるものです。

FXと外貨預金の取引のコツ

FXや外貨預金で得た利益は雑所得として扱われ、自分で確定申告をして税金を支払わなければならないものですが、その申告の仕方について注意をすることで税額を減らすことが可能です。

その方法としては、基本的に記録をしっかりと残しておくことです。
利益を得るために必要な手続き、例えば日本円に変換するための手数料等は利益を得るために必要な経費として申告できる場合もあるためです。

FXや外貨預金で得た利益を確定申告する場合には、その利益の中に様々な要因が含まれていることを明確にすることで、それぞれ個別の税率が適用されます。為替の差益で得た利益は純粋に雑所得として扱われますが、外貨預金の際の利息については利息に適用される税率が別途決められており、この税率が適用されることになります。

実際には金利の割合によってもその税率が大きく変動しますが、詳細にその内容を記録しておくことで、その税額を低くすることも可能になるので注意が必要です。

FXや外貨預金は為替レートの変動により利益を得るもので、場合によっては海外で税金が発生することもあり、この税率も非常に高額になる可能性もあるので注意が必要です。