I Love FX

FXと外貨預金と外貨mmfの3つを比較

資産運用はリスクや取引の仕組みを知ってから!

3つを比較した場合簡単には、たとえば2014年で1米ドル100円で見た場合、1例としてFXでは、為替手数料(1米ドル)1銭、最低入金額5万円前後、米ドル年利0.146%、税金・課税20%、取引時間リアルタイム、レバレッジあり、売りポジションあり、預金保護ありとなっています。

また、外貨預金においては為替手数料9銭、最低入金額100円、米ドル年利0.05%、税金・課税20%、取引時間 限定、レバレッジなし、売りポジションなし、預金保護なしとなります。

投資信託の1つである外貨mmfの場合は、為替手数料25銭、最低入金額1,000円、米ドル年利0.189%、税金・非課税、取引時間 限定、レバレッジなし、売りポジションなし、預金保護ありとなっており、3つともに20歳以上からの年齢制限が設けられています。
手数料、レート等は業者、商品によって異なるもののここでの数字の違いは概要として捉えることができ、選択をする際の判断に活用することができます。

3つの中ではFXが投資方法としては最も裁量度があり、様々な手法を用いることで利益を求めることができます

一方、3つとも為替リスクがあり、ポジションによっては大きな損失につながることも理解しておくことが重要になります。

FXと外貨預金、投資に向いているのはどっち?

FXと外貨預金では運用先が異なり、FXは証券会社やFX業者、外貨預金は銀行が窓口になります。

選択を際にはどのような商品なのか理解をしておく必要があり、まず、FXは外国為替証拠金取引をさします。
外貨を買うことは外貨預金と同様ですが、為替差損による利益、各通貨の金利差を利用してのスワップポイントによる利益、レバレッジをかけることによる利益の存在が大きな違いになります。

外貨預金は、簡単には、通常円で預金をするのを外貨で行う方法であり、メリットとしては購入外貨に対しての円安があります。
購入時より円安になれば円貨にする際に利益を生むことになり、デメリットは為替手数料が高いことがあります。

特に都市銀行の場合には、米ドルでは片道1円の手数料を設けているケースが多く、FXに比べて非常に高いコストがかかることになります。
預金保護に関しては、外貨預金、FXともに適用外となりますが、FXの場合にはほとんどが信託保全をしており、信託財産として管理されるために、仮にFX会社が破綻したとしても預けた資金は保全されます

投資ではどちらにおいても為替リスクが伴います。
手法としては、外貨預金は長い時間をかけて少しずつ増やす方法になり、FXの場合は、短い期間で積極的に利益と求める方法になります。

選択では、ここでの特徴を把握した上で判断をする必要があります。