I Love FX

FXと外貨預金を比較してみる

FXと外貨預金の関係性

FXと外貨預金はどちらも外国の通貨、または外国為替相場の値動きを取り扱う取引と言う点においては同じであるといえます。

どちらのサービスも銀行で取り扱うことができるため、その違いについて明確に理解していない人もいますが、実際のところこれらの金融商品には大きな違いがあると言えるのです。

まず違うと言えるのはFXにはレバレッジと言う仕組みが存在しているため少ない資金でも大きな運用が可能になると言う点にあります。
限られた資金で大きな運用したいのであればFXの方がメリットが大きいと言えるでしょう。そして外国の通貨を買うと言う取引しか行えないのが外貨預金であり、外国の通貨を得ると言うところからも取引を開始することができるのがFXの特徴であると言えるでしょう。

外国の通貨を取り扱う投資としてはどちらにも一定のメリットがありますが、それぞれには明確な仕組みの違いと言うものが存在しており、リスクの考え方についても違うものがあるということを理解しておく必要があります。

手数料についても異なる仕組みがありますので理解をしておくことにより正しい判断ができるようになるでしょう。

FXと外貨預金の取引の難しさ

FXと外貨預金を利用する際に注意しなければならないのは金利と手数料です。

一般に外貨預金の方が預け入れた際の金利は高いと言えるでしょう。
これは定期預金と言う形で長期間運用することができるためであり、いつでも決済可能なFXよりも高く設定されるケースが多いためです。

しかしながら外貨預金の場合には日本円から外貨に両替する際と、外貨を日本円に戻す際に両替手数料が必要になるため、経費が高くつくと言う特徴もあるのです。
このような仕組みを理解してお得な運用方法を見つける必要があります。

FXのメリットである外貨を売却するところから取引をすることができる仕組みについても金利に注意をしなければなりません。外貨を売る場合は日本円との金利差を受け取るのではなく支払わなければなりません。

つまり売りポジションで保有している期間は毎日金利差を支払うことになるのです。そのため金利の高い通貨を売りポジションで保有する事は毎日利息を支払わなければならないと言うリスクを負うことになります。

そのような仕組みについて理解しておくということが外国為替相場を取り扱う際に求められる基礎知識であると言えるでしょう。