I Love FX

FXの通貨とは?

為替を取引するのがFXという商品ですが、1ドルずつ投資しているとあまりにも効率が悪くなってしまいます。

そのためある程度の束にして売買ができるようにしたほうが効率が上がり取引もスムーズになります。多くのFX業者でこうしたある程度の単位で売買を行うようにしているのはFX通貨です。
1000通貨や1万円通貨1万通貨単位で売買ができるようになっており、かつてのレバレッジが高かった時代では一万通貨が行われていましたが今レバレッジが下がってきているので1000通貨もかなりメジャーになってきました。

1000通貨ならば1000倍ということでドルであれば1000通貨1つあたり1000ドル、ユーロであれば1000ユーロということを意味しています。
1ドルを100円と考えると、1000通貨一つでは1000ドルですから10万円ということになるわけです。1万通貨だった場合には当然100万円になります。

しかしレバレッジのおかげでだいたい1/25の資金で1万通貨の取引を行うことができるようになっています。

レバレッジはだいたい最大でも現在25倍で、下がってきているとは言えそれでも株と比べるとかなりレバレッジが高いです。

外貨取引の為替差益とは?確定申告のポイント

為替差益といえば24時間活動している為替の取引で得た利益のことです。

国内の他の金融商品の中でも金利が高かったり資産を守る可能性が高いなどといった理由から為替取引はかなり人気になっていますが、税金という面から見ると少し複雑になってしまいますし、場合によっては自分で確定申告を行わなければいけないという場合も起きて行きます。

利益が出た時は税金のことなんて知りません、とほっておくことはできないのです。原則として確定申告をしなければいけないのが、給与以外の利益が年間20万円以上になった時です。
つまり為替差益が20万円だけだった場合ならばまだ確定申告しなくてもよいということになります。
あるいは税金があらかじめ源泉徴収されているような時ならば、確定申告の手間を省くことができます。

源泉徴収とは読んで字のごとく源泉、給料が出て出るその源となる人が前もって税金文を差し引くということです。すでに源泉徴収された段階で納税は完結しましていますから、必ずしも確定申告をする必要はなくなるのです。

為替も触れ得た利益は雑所得に相当しますので、その部分の必要となった経費資金などを差し引いて税率をかけたものが税金となります。