I Love FX

FXと外貨預金は金利が違う

FXと外貨預金を比較する際の大きなポイントとして金利がありますが、これは基本的にはFXの方が有利となります。

FXでは利用する通貨ペアの金利差がスワップとして表記されており、取引を行う業者によって数値に違いがありますが、長期保有向けの業者ではスワップが高くなっているので収益を出しやすくなります。
また、通貨の組み合わせの一方が円に固定されていないので、様々な組み合わせの中から選べるメリットがあります。

外貨預金では前述のような長期保有向けのFX業者と比べると金利が低くなります。
これは銀行が利益を出すために行っているもので、銀行に金利の一部を取られてしまっているため、本来の通貨間の金利差よりも低くなります。

注意しなければならないのが高金利のキャンペーンであり、利用者を獲得するために通常よりも高い金利を適用することがあります
しかし、これにはリスクが存在し、キャンペーンの適用期間は預金期間全体にかかるものではなく、一定期間で終わります。キャンペーンが終わってしまうと通常の低い金利に戻ってしまうため、利益が減ります。

この違いから、金利に関して着目するとFXで取引を行った方が利益を出しやすくなります。

FXと外貨預金の他のポイントも比較

金利以外の比較ポイントに手数料があり、FXではスプレッドがこれに相当していますが、非常に低くなっています。
これに対して外貨預金は高くなっているので、利益を減らしてしまう要因になります。

解約のしやすさも重要になります。
外貨取引を行う際のデメリットに元本が保証されない点が挙げられます。外貨預金の場合、外貨での元本は保証されますが、円に戻す際に相場によって元本を割り込むことがあります。

相場は流動的なものであり、明らかに下落が続く傾向が掴めたときにFXであればすぐに決済を行って損失を抑えることができます。
しかし、外貨預金は途中解約すると違約金が発生したり、解約できずに損失の拡大を抑えられなくなるリスクがあります。

外貨取引として比較されるものに外貨mmfもあります。外貨建ての投資信託であり、元本の保証はないものの、金利では外貨預金より高く、手数料は外貨預金の半分程度であり、外貨預金よりも利益を出しやすくなっています。以前は非課税で税金面で有利という他にはないメリットがあったものの、2016年から課税されることになっています。

これらの特徴からFXが有利になりますが、FXでは少ない元手で高額のお金を動かせるレバレッジがあり、個人では最大25倍の運用ができるハイリスクな仕組みなので注意します。

ただし、これは決して危険なだけのものではなく、レバレッジを1倍にすれば安全性の高い取引ができます

FXと外貨預金の比較

FX・証券取引をするなら、米ドルの動きに注目

国内証券は平日15時までしか取引ができません。
そのあとは資金は寝かせてしまうのはもったいないと思う人もいるでしょう。

中には株を担保にFXの証拠金にできる会社もあります。そして証券取引をするのであれば米ドルのように、日本と密接な関わりのある国の通貨の値動きが重要ですし、株価がFXに影響を与えることもあります。
これらの商品は相互に関係しあって値動きがありますので、どちらも注目しておいたほうが判断材料が増えるでしょう。

外為市場において米ドルは主役的な地位を得ていますが、対円だけでなく対ユーロやポンドを原因として大きく動くこともあります。

いざ動いたときに原因がわからないと誤った判断をしてしまうこともあります。FX@外為比較ランキングは情報提供が盛んで、いち早くニュースの配信を行ってくれるようなところが良いでしょう。
経済指数のように発表される時間が決まっていれば理由もわかりますが、特に要人発言や地政学リスクが高まったときには、情報配信のスピードが損益を分けることもあります。

日本の会社はトレーダーに様々なツールや情報を提供していますので、複数の会社に口座を持っておくのも有利なトレードをするのに役立つでしょう。